クワイエット・プレイス

映画ストーリー

聴覚障害を持つ娘役は、自身も同じ障害を持つ「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズ。音に反応して人間を襲う「何か」によって人類が滅亡の危機に瀕した世界で、「決して音を立ててはいけない」というルールを守り、生き延びている家族がいた。彼らは会話に手話を使い、歩くときは裸足で、道には砂を敷き詰め、静寂とともに暮らしていた。しかし、そんな一家を想像を絶する恐怖が襲う。
映画.com



作品情報

公開日:2018年9月28日

スタッフ
監督:ジョン・クラシンスキー
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッドリー・フラー
製作総指揮:ジョン・クラシンスキー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック、ジョン・クラシンスキー
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン

キャスト
エミリー・ブラント:エヴリン
ジョン・クラシンスキー:リー
ミリセント・シモンズ:リーガン
ノア・ジュプ:マーカス
ケイド・ウッドワード

配給
東和ピクチャーズ

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です