死霊館のシスター

映画ストーリー

1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。事件には不可解な点が多く、真相を究明するため派遣されたバーク神父と見習いシスターのアイリーンは、調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着く。そして2人は、決して関わってはならない恐るべき存在「悪魔のシスター」と対峙することになる。主人公となるアイリーンを、「死霊館」シリーズで主演を務めたベラ・ファーミガの妹でもあるタイッサ・ファーミガが演じ、バーク神父には「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチルが扮した。
映画.com



作品情報

公開日:2018年9月21日

スタッフ
監督:コリン・ハーディ
製作:ピーター・サフラン、ジェームズ・ワン
製作総指揮:リチャード・ブレナー、ウォルター・ハマダ、デイブ・ノイスタッター
ゲイリー・ドーベルマン、マイケル・クリア、トッド・ウィリアムズ
原案:ジェームズ・ワン、ゲイリー・ドーベルマン
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
撮影:マキシム・アレクサンドル

キャスト
タイッサ・ファーミガ:アイリーン
デミアン・ビチル:バーク神父
シャーロット・ホープ
リリー・ボーダン
ボニー・アーロンズ
ジョナ・ブロケ
イングリット・ビス

配給
ワーナー・ブラザース映画

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です