いのちの深呼吸

映画ストーリー

エミー賞の受賞歴をもつアメリカ人女性監督ラナ・ウィルソンが、自殺防止活動に取り組む日本人僧侶に3年半にわたり密着したドキュメンタリー。岐阜県大禅寺で住職を務める根本一徹のもとには、全国の自殺志願者からのメールや電話が昼夜を問わず届く。追いつめられ、誰にも頼ることができないSOSの声を受け、根本は彼らのもとを駆けつけるが、何か特別なことをするわけでもない。ただ話に耳を傾け、彼らとともに食事を摂り、さりげなく寄り添う。そんな根本の存在に安堵した自殺志願者は、少しずつ生きる気力を取り戻していく。実は根本自身にも、身近な人を自殺で亡くした過去があった。そして心臓に病を抱える根本にとって、大量のメールや電話に対応するには心身ともに限界にきていたが……。挿入曲として坂本龍一とクリスチャン・フェネスのコラボ曲が使用されている。
映画.com



作品情報

公開日:2018年9月8日

スタッフ
監督ラナ・ウィルソン
製作ラナ・ウィルソン
製作総指揮サリー・ジョー・ファイファー
リリー・ハートレイ
マイク・ラーナー
ダイアン・L・マックス
レジーナ・K・スカリー
ジェフリー・タラント
撮影エミリー・トッパー
編集デビッド・ティーグ
挿入曲クリスチャン・フェネス
坂本龍一

キャスト
根本一徹

配給
パンドラ

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です