君の膵臓をたべたい

映画ストーリー

2017年に公開された実写版映画も大ヒットを記録した、住野よるのベストセラー小説の長編アニメ映画化。他人に興味を示すことなく、いつも一人で本を読んでいる高校生の「僕」。ある日「僕」は一冊の文庫本を拾う。「共病文庫」と記されたその本は、天真爛漫でクラスの人気者である山内桜良が密かに日常を書きつづった日記帳で、そこには、彼女が膵臓の病気を患い、残された余命がわずかであることが記されていた。「PとJK」「散歩する侵略者」の高杉真宙が主人公「僕」役で声優に初挑戦。ヒロインの山内桜良役を声優のLynnが演じる。監督は「ALL OUT!!」の副監督をつとめ、本作が初監督となる牛嶋新一郎。
映画.com



作品情報

公開日:2018年9月1日

スタッフ
監督:牛嶋新一郎
原作:住野よる
原作イラスト:loundraw
脚本:牛嶋新一郎
キャラクターデザイン:岡勇一
総作画監督:岡勇一
美術監督:小川友佳子
美術監督補佐:渡辺佳人
色彩設計:堀川佳典
撮影監修:斉藤寛
オープニングテーマ:sumika
劇中歌:sumika
主題歌:sumika

キャスト
高杉真宙:「僕」
Lynn:山内桜良
藤井ゆきよ:恭子
内田雄馬:隆弘
福島潤:ガム君
田中敦子:「僕」の母
三木眞一郎:「僕」の父
和久井映見:桜良の母

配給
アニプレックス

製作国
日本

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です