クリミナル・タウン

映画ストーリー

「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートと「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツの共演で、親友が殺された事件の真相解明に挑む高校生の姿を描いたクライムサスペンス。ティーンエイジャーを主役に描いたノワール小説として高い評価を受けたサム・マンソンの小説を原作に、「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」「ヒッチコック」のサーシャ・ガバシ監督がメガホンをとった。ワシントンD.C.に暮らす冴えない男子高校生アディソンは、親友のケヴィンが銃殺されたという知らせを受けるが、「不良の黒人少年が麻薬をめぐるギャング同士の抗争に巻き込まれただけ」と、事件の捜査は早々に打ち切られてしまう。優等生のケヴィンが麻薬にかかわっていたはずがないと考えるアディソンは、幼なじみのフィービーとともに、ケヴィンの名誉回復のためにも真相を解明しようと独自に調査を開始するのだが……。
映画.com



作品情報

公開日:2018年8月25日

スタッフ
監督:サーシャ・ガバシ
製作:ベス・オニール、エリカ・オールド
アラ・ケシシアン、ビル・ジョンソン
ジム・セイベル、マーク・ビエンストック
製作総指揮:アンガス・サザーランド、タンニャ・タワージョ
マリンディ・フィックル
原作:サム・マンソン
脚本:スティーブン・ナイト、サーシャ・ガバシ
撮影:ミハイ・マライメア・Jr.

キャスト
アンセル・エルゴート:アディソン・シャクト
クロエ・グレース・モレッツ:フィービー
デビッド・ストラザーン:テオ・シャクト
キャサリン・キーナー:フィオナ

配給
ギャガ・プラス

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です