スターリンの葬送狂騒曲

映画ストーリー

1953年の旧ソ連を舞台に、独裁者スターリンの死によって巻き起こった政権内部の争いを辛辣かつコミカルに描き、ロシアで上映禁止となって話題を集めたブラックコメディ。粛清という恐怖で国を支配していた絶対的独裁者スターリンが急死した。厳かな国葬が執り行われる一方、その裏では次期最高権力者の座を狙う側近たちが熾烈な争いを繰り広げる。
映画.com



作品情報

公開日:2018年8月3日

スタッフ
監督:アーマンド・イアヌッチ
製作:ヤン・ゼヌー、ローラン・ゼトゥンヌ
製作総指揮:ケビン・ローダー
原作:ファビアン・ニュリ
脚本:アーマンド・イアヌッチ、デビッド・シュナイダー
イアン・マーティン、ピーター・フェローズ
撮影:ザック・ニコルソン

キャスト
スティーブ・ブシェー:ミフルシチョフ
サイモン・ラッセル・ビール:ベリヤ
ジェフリー・タンバー:マレンコフ
マイケル・ペイリン:モロトフ
ポール・ホワイトハウス:ミコヤン
ジェイソン・アイザックス:ジューコフ
アンドレア・ライズボロー:スヴェトラーナ
ルパート・フレンド:ワシーリー
パディ・コンシダイン:アンドレーエフ
オルガ・キュリレンコ:マリヤ
アドリアン・マクローリン:スターリン
ダーモット・クロウリー:カガノービチ
ポール・チャヒディ:ブルガーニン

配給
ギャガ

製作国
イギリス

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です