マイナス21℃

映画ストーリー

ジョシュ・ハートネットが主演を務め、極寒の雪山で8日間にわたる壮絶なサバイバルを繰り広げた、元アイスホッケー選手でスノーボーダーのエリック・ルマルクの実話を映画化。監督は「ネイビーシールズ」「ニード・フォー・スピード」のスコット・ウォー。元アイスホッケー選手のエリック・ルマルクは、米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈でスノーボードをしていた最中に道に迷い、遭難してしまう。水も食糧もなく、山岳装備も持ち合わせていないエリックは、夜には氷点下となる山の中、低体温症や空腹、野生のオオカミ、凍傷、脱水症状など次々と困難に襲われ、絶望的な状況に追い込まれていく。
映画.com



作品情報

公開日:2018年7月21日

スタッフ
監督:スコット・ウォー
製作:スコット・ウォー
タッカー・トゥーリー、ジョシュ・ハートネット
製作総指揮:グレッグ・レンカー
ルイーズ・リントン、マイケル・メイリス、デビッド・グレイス、エリック・マルクル
原作:エリック・マルクル、デビン・シーイー
脚本:マディソン・ターナー
編集:バシ・ネドマンスキー
音楽:ネイサン・ファースト

キャスト
ジョシュ・ハートネット:エリック・ルマルク
ミラ・ソルビノ:スーザン・ルマルク
セーラ・デュモント:サラ
ジェイソン・コットル

配給
松竹メディア事業部

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です