ジュラシック・ワールド 炎の王国

映画ストーリー

前作でハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。
映画.com



作品情報

公開日:2018年7月13日

スタッフ
監督:J・A・バヨナ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンザ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
キャラクター創造:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
音楽:マイケル・ジアッキノ
テーマ曲:ジョン・ウィリアムズ

キャスト
クリス・プラット:オーウェン
ブライス・ダラス・ハワード:クレア
B・D・ウォン:ドクター・ヘンリー・ウー
ジェームズ・クロムウェル:ロックウッド
テッド・レビン:ウィートリー
ジャスティス・スミス:フランクリン
ジェラルディン・チャップリン:アイリス
ダニエラ・ピネダ:ジア
トビー・ジョーンズ:エヴァーソル
レイフ・スポール:ミルズ
ジェフ・ゴールドブラム:イアン・マルコム博士

配給
東宝東和

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です