レディ・バード

映画ストーリー

閉塞感漂う片田舎の町でカトリック系の女子高に通い、自らを「レディ・バード」と呼ぶ17歳のクリスティンが、高校生活最後の年を迎え、友人やボーイフレンド、家族、そして自分の将来について悩み、揺れ動く様子を、みずみずしくユーモアたっぷりに描いた。主人公クリスティンを「ブルックリン」「つぐない」でアカデミー賞候補にもなった若手実力派のシアーシャ・ローナン、母親マリオン役をテレビや舞台で活躍するベテラン女優のローリー・メトカーフが演じた。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネート。ガーウィグも女性として史上5人目の監督賞候補になった。
映画.com



作品情報

公開日:2018年6月1日

スタッフ
監督:グレタ・ガーウィグ
製作:スコット・ルーディン、イーライ・ブッシュ、エブリン・オニール
製作総指揮:リラ・ヤコブ
脚本:グレタ・ガーウィグ
撮影:サム・レビ
美術:クリス・ジョーンズ
衣装:エイプリル・ネイピア
編集:ニック・ヒューイ
音楽:ジョン・ブライオン

キャスト
シアーシャ・ローナン:クリスティン・マクファーソン(レディ・バード)
ローリー・メトカーフ:マリオン・マクファーソン
トレイシー・レッツ:ラリー・マクファーソン
ルーカス・ヘッジズ:ダニー・オニール
ティモシー・シャラメ:カイル・シャイブル
ビーニー・フェルドスタイン:ジュリー・ステファンス
スティーブン・マッキンリー・ヘンダーソン:リバイアッチ神父
ロイス・スミス:シスター・サラ・ジョアン
オデイア・ラッシュ:ジェナ
ジョーダン・ロドリゲス:ミゲル
マリエル・スコット:シェリー
ジェイク・マクドーマン:ブルーノ先生

配給
東宝東和

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です