GODZILLA 決戦機動増殖都市

映画ストーリー

「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作「GODZILLA」の第2章。ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナに助けられる。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものであることが判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり……。
映画.com



作品情報

公開日:2018年5月18日

スタッフ
監督:静野孔文、瀬下寛之
ストーリー原案:虚淵玄
脚本:虚淵玄
演出吉平“Tady”直弘
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
プロダクションデザイン:田中直哉、フェルディナンド・パトゥリ
CGキャラクターデザイン:森山佑樹

キャスト
宮野真守:ハルオ・サカキ
櫻井孝宏:メトフィエス
花澤香菜:ユウコ・タニ
杉田智和:マーティン・ラッザリ
梶裕貴:アダム・ビンデバルト
諏訪部順一:ムルエル・ガルグ
小野大輔:エリオット・リーランド
三宅健太:リルエル・ベルベ
堀内賢雄:ウンベルト・モーリ
中井和哉:ハルエル・ドルド
山路和弘:エンダルフ
上田麗奈:マイナ
小澤亜李:ミアナ

配給
東宝映像事業部

製作国
日本

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です