のみとり侍

映画ストーリー

小松重男の短編小説集「蚤とり侍」の人気エピソードをもとに再構築した。長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、運悪く藩主の機嫌を損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で女性に愛をお届けする裏稼業であった。長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛のもとで働きはじめた寛之進は、初めてののみとり相手であるおみねから下手くそと罵られたものの、伊達男・清兵衛の指南によって腕を磨いていく。そんな中、老中・田沼意次の失脚を受けてのみとり禁止令が敷かれ、寛之進らは突如として犯罪者扱いされてしまう。おみね役の寺島しのぶ、清兵衛役の豊川悦司ら、共演にも豪華実力派俳優がそろう。
映画.com



作品情報

公開日:2018年5月18日

スタッフ
監督:鶴橋康夫
原作:小松重男
脚本:鶴橋康夫
製作:市川南
共同製作:竹田青滋、山田裕之、井口佳和、岡田美穂
谷和男、吉崎圭一、大村英治、林誠、杉田成道、宮崎伸夫
広田勝己、安部順一、加太孝明、丹下伸彦、板東浩二、荒波修
プロデューサー:秦祐子、臼井央
ラインプロデューサー:梶原富治、柴田和明
プロダクション統括:山内章弘

キャスト
阿部寛:小林寛之進
寺島しのぶ:おみね
豊川悦司:清兵衛
斎藤工:佐伯友之介
風間杜夫:甚兵衛
大竹しのぶ:お鈴
前田敦子:おちえ
桂文枝:田沼意次
笑福亭鶴光:平賀源内
ジミー大西:望月屋秀持
オール阪神:根津屋文吾
福本莉子:おみつ

配給
東宝

製作国
日本

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です