アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

映画ストーリー

アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。プロデューサーも兼ねてトーニャ役で主演したロビーは、スケートシーンにも挑戦。
映画.com



作品情報

公開日:2018年5月4日

スタッフ
監督:クレイグ・ギレスピー
製作:ブライアン・アンケレス、マーゴット・ロビー、トム・アッカーリー
製作総指揮:レン・ブラバトニック、アビブ・ギラディ、クレイグ・ギレスピー
ビンス・ホールデン、トビー・ヒル、ザンヌ・ディバイン、ローザンヌ・コーレンバーグ
脚本:スティーブン・ロジャース
撮影:ニコラス・カラカトサニス

キャスト
マーゴット・ロビートー:ニャ・ハーディング
セバスチャン・スタン:ジェフ・ギルーリー
アリソン・ジャネイ:ラヴォナ・ハーディング
ジュリアンヌ・ニコルソン:ダイアン・ローリンソン
ポール・ウォルター・ハウザー:ショーン
マッケンナ・グレイス:トーニャ・ハーディング(8~12歳)
ボビー・カナベイル:マーティン・マドックス
ケイトリン・カーバー:ナンシー・ケリガン
ボヤナ・ノバコビッチ:ドディ・ティーチマン
アンソニー・レイノルズ:デリック・スミス

配給
ショウゲート

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です