レディ・プレイヤー1

映画ストーリー

スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化したSFアクション。貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り……。作中のゲーム世界には、アメリカはもとより日本のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムなどが多数登場する。
映画.com



作品情報

公開日:2018年4月20日

スタッフ
監督スティーブン・スピルバーグ
製作ドナルド・デ・ライン、クリスティ・マコスコ・クリーガー、スティーブン・スピルバーグ、ダン・ファラー
製作総指揮アダム・ソムナー、ダニエル・ルピ、クリス・デファリア、ブルース・バーマン
原作アーネスト・クライン
脚本ザック・ペン、アーネスト・クライン
撮影ヤヌス・カミンスキー

キャスト
タイ・シェリダン:パーシヴァル/ウェイド・ワッツ
オリビア・クック:アルテミス/サマンサ・エブリン・クック
ベン・メンデルソーン:ノーラン・ソレント
リナ・ウェイス:エイチ/ヘレン
サイモン・ペッグ:オグデン・モロー
マーク・ライランス:アノラック/ジェームズ・ハリデー
フィリップ・チャオ:ショウ/ゾウ
森崎ウィン:ダイトウ/トシロウ
T・J・ミラー:アイロック
ハナ・ジョン=カーメン:フナーレ
ラルフ・アイネソン:リック
スーザン・リンチ:アリス
パーディタ・ウィークス:キーラ

配給
ワーナー・ブラザース映画

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です