娼年

映画ストーリー

娼夫として生きる男を主人公に性の極限を描いた石田衣良の同名小説を、2015年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ監督・三浦大輔×主演・松坂桃李のコンビで映画化。大学での生活も退屈し、バイトに明け暮れ無気力な毎日を送っているリョウ。ホストクラブで働く中学の同級生シンヤがリョウのバイト先のバーに連れてきたホストクラブの客、御堂静香。彼女は秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせ、リョウは静香の店で働くこととなる。「娼夫」という仕事に最初は戸惑うリョウだったが、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていく。リョウは彼を買った女性たちの欲望を引き出し、そして彼女たちは自分自身を解放していった。
映画.com



作品情報

公開日:2018年4月6日

スタッフ
監督:三浦大輔
原作:石田衣良
脚本:三浦大輔
製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
企画:小西啓介
プロデュース:小西啓介
エグゼクティブプロデューサー:金井隆治、津嶋敬介
プロデューサー:永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣
アソシエイトプロデューサー:槙哲也

キャスト
松坂桃李:森中領
真飛聖:御堂静香
冨手麻妙:咲良
猪塚健太:平戸東
桜井ユキ:白崎恵
小柳友:田島進也
馬渕英里何:イツキ
荻野友里:主婦
佐々木心音:紀子
大谷麻衣:ヒロミ
階戸瑠李
西岡徳馬:泉川
江波杏子:老女

配給
ファントム・フィルム

製作国
日本

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です