レッド・スパロー

映画ストーリー

元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。
映画.com



作品情報

公開日:2018年3月30日

スタッフ
監督:フランシス・ローレンス
製作:ピーター・チャーニン、スティーブン・ザイリアン、ジェンノ・トッピング、デビッド・レディ
製作総指揮:メアリー・マクラグレン、ギャレット・バッシュ
原作:ジェイソン・マシューズ
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ジョー・ウィレムズ

キャスト
ジェニファー・ローレンス:ドミニカ・エゴロワ
ジョエル・エドガートン:ネイト・ナッシュ
マティアス・スーナールツ:ワーニャ・エゴロフ
シャーロット・ランプリング:監督官
メアリー=ルイーズ・パーカー:ステファニー・ブーシェ
ジェレミー・アイアンズ:コルチノイ
キアラン・ハインズ
ジョエリー・リチャードソン
ビル・キャンプ

配給
20世紀フォックス映画

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です