シェイプ・オブ・ウォーター

映画ストーリー

1962年、ソビエトとの冷戦時代のアメリカ。清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまう。研究所に秘かに運び込まれた、アマゾンで神のように崇められていたという不思議な生きものの魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。イライザは子供の頃のトラウマで声が出せなかったが、“彼” とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。二人の心は通い始めるが、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になることを知る……。
MovieWalker



作品情報

公開日:2018年3月1日

スタッフ
監督:ギレルモ・デル・トロ
プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ、J・マイルズ・デイル
原案:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー
衣裳デザイン:ルイス・セケイラ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
美術:ポール・オースタベリー
編集:シドニー・ウォリンスキー
ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:デニス・ベラルディ
撮影監督:ダン・ローストセン

キャスト
イライザ:サリー・ホーキンス
ストリックランド:マイケル・シャノン
ジャイルズ:リチャード・ジェンキンス
不思議な生きもの:ダグ・ジョーンズ
ホフステトラー博士:マイケル・スツールバーグ
ゼルダ:オクタヴィア・スペンサー

配給
20世紀フォックス映画

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です