恐怖の報酬

映画ストーリー

「フレンチ・コネクション」「エクソシスト」で知られるウィリアム・フリードキン監督が1977年に手がけたサスペンス大作で、ジョルジュ・アルノー原作&アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督による同名フランス映画をリメイク。南米のジャングルを舞台に、反政府ゲリラによって爆破された油田の火災を鎮火させるため、1万ドルの報酬と引き換えに、危険なニトログリセリン運搬を引き受けた4人の男たちの命運を描いた。ユニバーサルとパラマウントという2大メジャースタジオが共同出資し、3大陸5カ国でのロケを敢行するなど、完成までに2年の歳月と2000万ドル(現在の100億円相当)という当時として破格の製作費が投じられた。しかし、77年の全米公開時「スター・ウォーズ」が一大旋風を巻き起こした影響で興行的に大失敗し、78年に公開された日本をはじめとする北米以外の国では、監督に無断で大幅にカットされた92分の短縮版が上映された。その後も長らく権利関係などで上映もDVD発売もされていなかったが、2013年にフリードキン監督の手により121分のオリジナル版の4Kデジタル修復が行われ、同年のベネチア国際映画祭でプレミア上映された。日本でも18年11月「オリジナル完全版」として劇場公開され、121分の本来のバージョンが初めて日本で日の目を見る。
映画.com



作品情報

公開日:2018年11月24日

スタッフ
監督ウィリアム・フリードキン
製作ウィリアム・フリードキン
原作ジョルジュ・アルノー
脚本ウォロン・グリーン
撮影ジョン・M・スティーブンス
ディック・ブッシュ
美術ジョン・ボックス
編集バド・スミス
音楽タンジェリン・ドリーム

キャスト
ロイ・シャイダー:ジャッキー・スキャロン“ドミンゲス”
ブルーノ・クレメル:ヴィクトル・マンゾン“セラーノ”
フランシスコ・ラバル:ニーロ
アミドウ:カッセム“マルティネス”
ラモン・ビエリ:コーレット

配給
コピアポア・フィルム

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です