15時17分、パリ行き

映画ストーリー

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。
映画.com



実際に起きたテロ事件を映画化!?主演がなんと!?

巨匠中の巨匠クリント・イーストウッドが2015年に発生したテロ事件の実話を映画化――。一文字も間違ってないが、「イーストウッド×テロ」みたいな気持ちで観ると劇場で戸惑うかも知れませんと忠告させてください。かくいう筆者も最初は大いに戸惑ってしまったからだ。

事件はアムステルダムからパリに向かう高速列車の車中で起きた。一人の武装テロリストを、たまたま乗り合わせたアメリカ人青年3人(うち2人は軍人だった)が取り押さえたのだ。イーストウッドは当事者の3人を主演にキャスティング。さらに事件で負傷した人やその妻など実際の関係者を極力呼び集めた。もはやイーストウッド御大による“映画史上最も豪華な再現ビデオ”である。

ただし本作はポリティカルでもなければスリラーでもない。イーストウッドが掘り下げているのは、主人公3人が決して非凡な人生を過ごしてきたわけはなく、ボンクラ感の強い普通の若者だったという生い立ちなのである。
映画.com

今回の映画は2015年にあったテロ事件の真実を映画を通して伝わってくる作品になっている。
誰にでもある日常で起きた事件で若者たちがとった行動とは・・・
また、主演をしている3人の若者は実際にテロにあった若者達を起用してる豪華さだ。

作品情報

公開日:2018年3月1日

スタッフ
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ドロシー・ブライスカル
製作:ジェシカ・メイヤー、ティム・ムーア、クリスティナ・リヴェラ、クリント・イーストウッド
製作総指揮:ブルース・バーマン
音楽:トーマス・ニューマン、クリスチャン・ジェイコブ
撮影:トム・スターン
編集:ブル・マーリー

キャスト
スペンサー・ストーン:本人
アンソニー・サドラー:本人
アレック・スカトロス:本人
ジョイス・エスケル:ジュディ・グリア
ハイディ・スカロトズ:ジェナ・フィッシャー
アヨブ・エルカザニ:レイ・コラサニ
ジム・ティーチャー:トニー・ヘイル
学園長:トーマス・レノン

配給
ワーナー・ブラザース

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です