僕らは奇跡でできている【破れギョーザは涙の味!“ウサギ女子”の変化】 06話

ドラマストーリー

一輝(高橋一生)に頼まれ、森を訪れた育実(榮倉奈々)は、元恋人・鳥飼(和田琢磨)を信じられず別れを招いた後悔から、涙が溢れてしまう。一輝は、育実が泣く理由が分からず動揺。 2人が森へ行ったことを知った山田(戸田恵子)は、鮫島(小林薫)ら付き合いのある“先生”を呼び、家で食事会をしようと提案。その“先生”には育実も含まれていた。指示を受けた一輝は、育実やあかり(トリンドル玲奈)らを誘うためクリニックへ。しかし、育実は食事会には行かないと断言。その日は育実の誕生日で、鳥飼からの連絡を期待していたのだ。 迎えた当日、結局育実はあかりらと一輝の家へ。鮫島や樫野木(要潤)、沼袋(児嶋一哉)、熊野(阿南健治)も集まり、盛り上がる。そんななか、山田の狙いで一輝と餃子を作る育実。綺麗に仕上げようとする育実とは反対に、形にこだわらない一輝。その様子を、育実は複雑な気持ちで見ていて…。 翌日、一輝は森で泣いた理由を育実に尋ねる。悪気がないことを知る育実は、「相河さんに自分の思いは分からないと思う」と言いながら、まじめすぎる性格とその自分に嫌気がさしている苦しい胸の内を一輝に話す。その思いを聞いた一輝は…。 リスが橋を渡らない理由を思いついた一輝は、樫野木と森へ。その夜、育実から電話が。週末に橋を確認しに行くことを告げると、「私も森に行ってもいいですか?」と、思いもよらぬ発言が飛び出して…。

僕らは奇跡でできている オフィシャルサイト

おすすめVODで視聴するならコチラ

作品情報

公開日:2018年11月13日(火)

スタッフ
脚本:橋部敦子
音楽:兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
主題歌:SUPER BEAVER「予感」([NOiD]/murffin discs)
オープニングテーマ:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」(ビクターエンタテイメント)
演出:河野圭太(共同テレビ)、星野和成(メディアミックス・ジャパン)、坂本栄隆
プロデューサー:豊福陽子(カンテレ)、千葉行利(ケイファクトリー)、宮川晶(ケイファクトリー)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:カンテレ

キャスト
相河一輝:高橋一生
水本育実:榮倉奈々
樫野木 聡:要潤
沼袋順平:児嶋一哉
新庄龍太郎:西畑大吾
青山琴音:矢作穂香
尾崎桜:北香那
須田巧:広田亮平
丹沢あかり:トリンドル玲奈
宮本涼子:松本若菜
相河義高:田中泯
熊野久志:阿南健治
山田妙子:戸田恵子
鮫島瞬:小林薫

放送局
フジテレビ系


次回のドラマ情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です