母さんがどんなに僕を嫌いでも

映画ストーリー

。タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に立ち向かっていく。
映画.com



作品情報

公開日:2018年11月16日

スタッフ
監督:御法川修
原作:歌川たいじ
脚本:大谷洋介
製作:古迫智典
堀内大示
福嶋更一郎
飯田雅裕
久保田光治
片岡尚
本間欧彦
樋口惠一
渡邉直子
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
撮影:板倉陽子
照明:緑川雅範
録音:越川浩道
整音:高木創
音響効果:高木創
美術:花谷秀文
編集:山本彩加
音楽:YOSHIZUMI
主題歌:ゴスペラーズ

キャスト
太賀:タイジ
吉田羊:光子
森崎ウィン:キミツ
白石隼也:大将
秋月三佳:カナ
小山春朋:タイジ(幼少期)
斉藤陽一郎:タイジの父親
おかやまはじめ:婆ちゃんの弟
木野花:婆ちゃん

配給
REGENTS

製作国
日本

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です