アジア三面鏡2018 Journey

映画ストーリー

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同プロジェクトで、日本を含むアジアの気鋭監督3人が、ひとつのテーマをもとにオムニバス映画を共同製作する「アジア三面鏡」。シリーズ第2弾となる本作は「旅」を共通テーマにそれぞれがメガホンを取った。まったく性格の異なる母娘を描いたデグナー監督作「海」(中国)、長谷川博己がミャンマー・ヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人の商社マンを演じる松永大司監督作「碧朱(へきしゅ)」(日本)、旅先の東京で出会った謎の男から奇妙で官能的なアドバイスを受けるマンネリ化したインドネシア人夫婦を描いたエドウィン監督作「第三の変数」(インドネシア)の3作品から構成。
映画.com



作品情報

公開日:2018年11月9日

スタッフ
監督デグナー
松永大司
エドウィン
脚本デグナー
松永大司
プリマ・ルスディ
統括プロデューサー井関惺プロデューサー伏見朋子撮影マー・サイ
ガオ・シーイー
芦澤明子
音楽リン・チャン

キャスト
チェン・ジン「海」
ゴン・チェ「海」
長谷川博己「碧朱」
ナンダーミャッアウン「碧朱」
アグニ・プラティスタ「第三の変数」
オカ・アンタラ「第三の変数」
ニコラス・サプットゥラ「第三の変数」「碧朱」「海」

配給
マーメイドフィルム

製作国
日本

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です