ブラックパンサー

映画ストーリー

亡き父の後を継ぎ、超文明国家ワカンダの王となったティ・チャラ。ワカンダは世界を崩壊させるパワーを秘めた鉱石、ヴィブラニウムの産出国であり、その秘密を狙う者も少なくなかった。ティ・チャラは武器商人のクロウや王位を狙うキルモンガーから祖国を守るため、ヴィブラニウム製のスーツを身にまとった戦士、ブラックパンサーとして戦いに挑む。
MovieWalker



ブラックパンサーってどんなヒーローなの!?

ティ・チャラが収めるワカンダ国はアフリカのジャングル奥地にある超文明を持つ国家です。
隕石の落下により希少な物質であるヴィヴラニウムが産出されるようになったという話もありますが、とにかくこの「ヴィヴラニウム」の存在がアフリカの奥地にも関わらず超文明化した要因となっています。

希少物質がとれることからも度々敵に狙われる場面が出てきます。

ワカンダ国の国王は代々ブラックパンサーとしての地位を受け継いでいきます。日本語で言うと「黒豹」となるブラックパンサーはワカンダ国において神として崇められる存在。だからこそ代々受け継がれていき、現在はティ・チャラがその地位を継ぐことでブラックパンサーとなりました。

ブラックパンサーことティ・チャラはワカンダ国の国王とです。国王となった理由の1つとしてあるのがこの襲名制です。襲名制とは世襲制のようなもので、国王の子供である王子などがその国の国王としての地位を受け継ぐことを言います。

ワカンダ国の前国王はティ・チャラの父親である「ティ・チャカ」でした。そして父親は「ユリシーズ・クロウ」によって亡き者にされています。国王であったティ・チャカが亡くなったことでワカンダ国の王子だったティ・チャラは父親を襲名し、「ブラックパンサー」となったのです。
PINAPOPO

作品情報

公開日:2018年3月1日

スタッフ
監督:ライアン・クーグラー
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ビクトリア・アロンソ、ジェフリー・チャーノフ、ルイス・デスポジート、スタン・リー、ネイト・ムーア
原案:BLACK PANTHER
撮影:レイチェル・モリソン
音楽:ルドウィグ・ゴランソン

キャスト
ブラックパンサー/ティ・チャラ:チャドウィック・ボーズマン
シュリ:レティーシャ・ライト
エリック・キルモンガー:マイケル・B・ジョーダン
ナキア:ルピタ・ニョンゴ
オコエ:ダナイ・グリラ
エヴェレット・ロス:マーティン・フリーマン
ウカビ:ダニエル・カルーヤ
エムバク:ウィンストン・デューク
ズリ:フォレスト・ウィテカー
ユリシーズ・クロウ:アンディ・サーキス
ラモンダ:アンジェラ・バセット

配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン

製作国
アメリカ

劇場情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です